東洋的情人節(七夕)

 地元の節句類は概ね「月遅れ」なので
今日が七夕祭りと言われてもあまり実感は無いのです・・・

それに近頃は「西欧的情人節=バレンタインデー」に
とって代られて、七夕の風情も今一になってしまいました。

そもそもこういう古くからの季節行事を「グレゴリオ暦」でするようになったのが
間違いのもとと思っているんですが、どうですかね。

 明治政府を率いた方々が古い太陽太陰暦を捨てて
グレゴリオ暦を採用した事自体は良いことだったと思いますが
民俗行事にまつわる行事まで、旧暦の月日をそのまま
新暦に置き換えたのは失策だったんでは・・・と思います。

 折角「牽牛・織女」が一年に一度の逢瀬を待ち焦がれて?いるのに
梅雨の真っ盛りだなんてカワイソウ www

なお新暦7月7日のお天気は「雨が40%」だそうです

 
 トカナントカ、ごたくを並べながらも
夕食後、ミニチュアのタナバタ飾りを作ってみました。

  
  
画像



 横幅(笹竹の長さ)約8センチ
もう2センチ位長ければネオさんに持たせる事も出来たんでしょうが残念

飾り物は、1/6サイズにカット(2.5㎝角)した千代紙で出来ています

 お裁縫の腕が上がるようにと願って
紙衣(かみごろも)だけは2個作ったけど・・・期待できそうも無いね (笑)

この記事へのコメント

悟風
2015年07月08日 10:06
あらァ~可愛い七夕飾りィ。
こういうの好いですね~最近は季節感が無くなって(野菜も果物も何でも何時でも食べれるし・・・)
お祭りなども日・祝日に変更とかが多くなって来ましたね。
色々事情も有りでしょうが日本的な情緒や伝統もやがては消える運命!?なのかナ

昨日は七夕でしたね。雨続きだったので空を見上げる事もなくスッカリ忘れてましたヨ(笑)
じいじ
2015年07月08日 20:17
折紙で作る七夕飾り
昔はその時期になると幼稚園とか
小学校の工作で作った飾りを持って
帰ってくる子供達を見かけたものですが
最近はあまり見ないですねえ
季節行事位は大事にして貰いたいと
思うんですがムリですかね

関東は7月に入って殆どお日様を見てません。
雨が止んでてもどんより・ジメジメで
気も滅入ります (>O<)