10月10日は体育の日

 今から半世紀余り前、1964年のこの日
「東京オリンピック」の開会式が開催されました。
その日を記念して「国民の祝日:体育の日」が制定されました。
ですからとても由緒ある記念日なのです。。。が
いつの事やら忘れましたが
月曜病を患って仕事をさぼりたい輩
(自民党政府のお大臣達、それに阿る高級お役人様達)が共謀して
10月の第2月曜日に代えてしまい、毎年日にちが変わる
意味不明の休日になってしまいました。
残念な事です。
 
 政府は次のオリンピックの年に混雑対策として
臨時に祝日を組み換えようとしているらしいです。
あんまり小手先仕事に汲々とせず「国民の休日」を
一日二日臨時に追加すればいいんじゃないかと思うんだけど
どうなんですかねぇ。

 今度の総選挙で万一「政府が転覆」したら
その辺のやり方も変わるかな・・・ ← ナイナイ(笑)



この記事へのコメント

悟風
2017年10月11日 09:46
そうですよね~体育の日は10月10日でしたよね。
イマドキの祝祭日は何の根拠も無い、只の連休!って感じですから。。。今日の休みは何の日だったっけ?って・・・カレンダーを再確認してやっと想い出す有様ですわ(笑)
毎年日が変わると覚えきれなくなります←何の日でもイイと云えば好いのですけれどネ。
何か情緒も何も在ったもんじゃない日本になってしまっていますね。
昭和の時代の方が文化的にも意味が存在してた様な気がします。
今は単なるご都合主義で 世の中ドンドン変化してる。
と想いませんか~~
じいじ
2017年10月11日 12:50
同感です。
やはり古い歴史や習俗に基づく行事を
もっと大事にして欲しいです。
日本の四季が失われかけてると感じるのも
おかしな合理主義が蔓延ったせいですかね?